風が越えるまち、路地を抜ける風。

壊されてしまう前に。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TB | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS

follow limimi at http://twitter.com
developed by korelab
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
土壁の蔵
最近、市内を離れて遠出することが増えた。
車にも慣れてきたし、ポストを探すのには、他のマッパーの方々の
未踏の地へと範囲を広げないと…という気持ちがあって。

蔵のたくさんある地方はそれだけお金持ちだった。
と聞いた。
かつて養蚕が盛んだった土地柄。
絹の布は豊かな恵みとなって、この地方を潤した。
大きな養蚕室用の長屋と、蔵はだいたいワンセット。
本棟の大きな家には必ずといっていいほど敷地内に蔵がある。
地域によって作り方が違うのか、「おお!」と思う物件に出会うと
なんとなく心がはずむ。
散策を始めた頃は、美しさと白い壁のまぶしさに、なまこ壁の蔵に
目が行ってしまっていたが、このごろは味わいのある土壁の蔵に
惹かれる。

それがあることがあたりまえの風景も魅力的。

きょうもこんな感じのものに出会った。



ふたつつながっているのか?
ブロックの塀が惜しい。

これはなんだかモダン。



住んでいると、いつも目にする光景と気にすることもないのだろうけれど
こんな建物のひとつひとつに歴史が潜んでいたりするものなのですよ。




22:01 | 蔵のある家 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
22:01 | - | - | -
COMMENT








TRACKBACK
TRACKBACK URL: http://roji-kaze.jugem.jp/trackback/295
<< NEW | TOP | OLD>>