風が越えるまち、路地を抜ける風。

壊されてしまう前に。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TB | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS

follow limimi at http://twitter.com
developed by korelab
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
住人がいない住宅群
宮の前。
大きな家が並ぶ。
入り組んだ道を楽しみながら歩いているとこんな場所に遭遇した。


かつてたくさんの人たちの生活があったはずだ…。
今は誰も住んでいない。
一戸建ての平屋が並ぶ集合住宅。
いつごろから住人が消えてしまったのだろう?
サザエさんの家を思わせるような、縁側に庭のついた木造の家。
いまは雑草と虫たちの楽園と化していた。


老朽化のために移転を余儀なくされたのだろうが、いまどきならこんな家に住みたいという若い人たちもいるような気がする。

どなたかこの住宅群に詳しい方はいらっしゃらないだろうか?


風越山を背に並ぶ姿が絵になるなぁ。

15:54 | 丘の上 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
15:54 | - | - | -
COMMENT








TRACKBACK
TRACKBACK URL: http://roji-kaze.jugem.jp/trackback/181
縁側にて)縁側(えんがわ)は、日本の和風家屋に独特の構造で、家屋|家の屋内から、そのまま外につながった一種の張り出し部分に座って、屋外の空気に触れ、庭や戸外の景色を楽しむことの出来る部分。欧風建築では、ベランダ、ポーチといったものが構造的には似通って
住宅なんでも辞典 | 2007/10/17 1:10 PM
<< NEW | TOP | OLD>>