風が越えるまち、路地を抜ける風。

壊されてしまう前に。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TB | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS

follow limimi at http://twitter.com
developed by korelab
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
昭和40年代の思い出
きのうの銭湯の続きですが。
子どもの頃、近所に「お風呂やさん」が3件もありました。
惣掘の跡の角に一件、二本松に一件、仲ノ町に一件。
一件はマンションに、一件は給食センターに変わってしまい、営業は辞めてしまったのですが、まだその姿を残している建物が一軒だけ。
それがこの江戸町の建物。


去年撮った写真を引っ張り出してきました。
今でもあるんですけどね。
県営住宅があって、子どもの数も多かった。
お風呂やさんでのコミュニケーションも大事な要素でした。
当時、自宅に薪焚きの五右衛門風呂があった私は、ちょっとうらやましい気分になったものです。
(薪焚きのお風呂の名残はあちこちで見かけますよね。)
結局一回も行ったことはなかったんですけど…。
あの頃、このあたりには借家も多くて、どの家もまだお風呂がついてなかった。
二本松の遊郭の建物の中は、細かく区切られて何世帯かの住人がいたし。
あれも一種の集合住宅だったな。
昭和40年代の話です。

団地やお風呂屋さんや八百屋さんやお肉屋さんやお菓子やさん。
行っちゃいけないって言われてたけど、馬場町には駄菓子屋さんもあった。
(覚えている方、いらっしゃいませんか?)
なんだか平和な昭和のアイテムだな、と。
いまだにその頃の風景にこだわってしまうのは、幼い記憶に刷り込みされているからなのかなあ。

少しでもそんな匂いがするものを求めてしまう気持ちは、今でも続いています。
17:29 | 歴史的建造物 | comments(13) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
17:29 | - | - | -
COMMENT








オヤジさん。
懐かしいお話をありがとうございました。
これからもこんな感じで、忘れかけてる記憶のかけらをひろっていけたらいいなと思っています。
またお話聞かせてくださいね。
貴重な資料ですから!

そうそう、駄菓子やさんのあった場所ですが、私が小学生だったころは貸家になってました。
同級生が住んでいた記憶があります。
塚平さんはもうあそこには住んでいらっしゃらなかったみたいですね。
場所を確認に行って思い出しました。

「おとこおんな」さんの話も、どなたか覚えている方のお話が聞けたらおもしろいですよね♪
posted by りみみ | 2007/05/26 1:50 AM
さて、「おなべ」ではなく当時は「おんなおとこ」と言ってました。頭は角刈り、顔、容姿、服装、歩き方、どこから見ても60歳ぐらいの「男」。日中歩いているのを見かけたから、皆知っていたのだとおもいます。
それがなんと!「中の湯」の男風呂に入ってきた。。。
ギヨッ、ギョ、ギョッ、ギョッ!!無い!無い!
しまい風呂の時間。二つのふくらみもなかったような気がする。周囲のおやじ達は騒がない。普通です。
2回くらいあったような・・・。60年あまり前のこと。
いままでこんな話、したことないのに、りみみさんの回想話から、こんなことに。笑い。。

3軒の銭湯から離れて50年、遠い昔の話です。
posted by オヤジ | 2007/05/25 12:46 PM
オヤジさん。
江戸浜です(笑)
吉沢さんの隣ですか!40年代にはすでに駄菓子やさんではなかったです。
今も「塚平さん」が住んでいらっしゃるのかなぁ…。
向かいの豆腐やさんはまだ営業してましたね、あの頃。
浜井町にも豆腐やさんありましたよね。
どちらももう閉まったままですが。
そろばん塾、どこかにあったなぁ…。
あれはどこだっけ?

「おなべ」さんの記憶は私は無いです。
「カネマ」の横を入った道にあったスナックにおかまさんがいたのは知っていますよ♪
posted by りみみ | 2007/05/25 9:08 AM
こんばんは!
「りみみ」さん、江戸浜ですか?小林郊人さん、その奥様の目がねのお顔も今、出てきましたヨーッ。そろばん塾もあって行きました。
昭和40年代から、急に遡っちゃってごめんなさい。
さて、本題(笑い)。
「玉の湯」写真の左は「吉沢さん、(天麩羅やさん)」その隣が「塚平さん」そして「山下さん(ブリキ屋さん)」、角が八百屋の小沢さん。一軒抜けているなぁ。思い出せません。「大前豆腐やさん」の向かいです・・。


話は変わって「飯田の銭湯」の記事から思い出しました。
りみみさん、「女 男」って知ってますか?
女なのに男のなりをする。ゲイの反対。
いました。昔。この近くに。。
posted by オヤジ | 2007/05/24 8:08 PM
オヤジさん。
母に聞いてみましたがわかりませんでした…、残念。
母は昭和13年生まれで、我が家が上飯田からここに引っ越してきたのが昭和20年代に入ってからだと思われ。
祖父(広小路生まれ)が生きていたらかろうじてわかったかもしれないのですが、残念ながら4年前に他界してしまいました。
「塚平さん」というお宅を知っている方を探してみますか。
さて、江戸町の長老さんはどなただろう…。
ちょっと図書館にも行ってきますね♪
「北」と「南」の位置関係がちょっとわかりにくくて…。
三枡屋さんや小沢さん(もと八百屋)の並び側ですか?
大和屋さん(鶏肉屋さん)や白木屋さんの並び?
posted by りみみ | 2007/05/24 11:11 AM
お母さん、昭和10年代知っているかなぁ。ここの生まれでしょうか。玉の湯の南、白木屋さんより北、今は塀の家になってます。おばあさんが「一銭店」をやっていました。今はどこにも見かけない、丸いガラスの容器、厚さ10センチほどの長方形で蓋だけガラスの容器。おばあさんの顔、店の様子が今あざやかによみがえってきました。「塚平さん」です。
posted by オヤジ | 2007/05/22 8:34 PM
オヤジさん。
わかりましたよ!
仲ノ町のおかしやさん、「白木屋」じゃないですか?
母と弟に聞いてみたんですよ。
角のポストがあるところ。
ですよね?
posted by りみみ | 2007/05/20 9:58 PM
オヤジさん、こんばんは。
ようこそ。

おっしゃる通り、これは江戸町の「玉の湯」です。
訂正しなくちゃ!
仲ノ町のお菓子やさん、角のところですね?
思い出しました!
私たちは馬場町のだがし屋さんを「一銭店」と呼んでいました。
谷川線に降りる階段のあたりじゃなかったでしたっけ?
くじとかあって…。
やはりこのあたりにお住まいでしたか?
posted by りみみ | 2007/05/18 11:36 PM
この銭湯は江戸町「玉の湯」ではないですか?
二本松の「仲の湯」はこれと違ったのでは!両方よくいきましたけどね。
馬場町、ばばんちょうの菓子屋さん、ガラス屋さんの近くでしょ。「玉の湯」の20メートルほど南に塚平「一銭店」があったのですが知りませんよねぇ。
俺の年がばれちゃうよなぁ。
posted by オヤジ | 2007/05/18 6:58 PM
ヨッシーさん。
小学校は一緒ですね(笑)
あの学校も撮りたい物件です。

それはそうと…。
甘食やチョココロネ、懐かしい!
私もよくおやつにしてました。
いまはすっかり洋風なパンばかりになってしまいました。
カステラパンのみみばっかり入ってるのもありましたよね?
昔の建物、残っていたら凄かったのに。
今でも思い出すなぁ。
posted by りみみ | 2007/05/10 12:27 AM
のぶさん。
飯田近辺にはどのくらい残っているんでしょうか?
銭湯。
のぶさん、知ってます?
posted by りみみ | 2007/05/10 12:21 AM
はい、私は小さい頃この仲ノ町の銭湯に通ってましたよ。
近くの丸山パン屋では あましょく や 巻き貝のような形のなかにチョコレートクリームが入ったパンを売ってましたね。今でも売ってるのかな。
posted by ヨッシー | 2007/05/09 10:04 PM
わたしは数回行った事ありますよ。銭湯
わたしの近くにも銭湯あるんですが、うちの風呂が壊れたとき行った記憶があります。風呂上りの一杯、コーヒー牛乳が楽しみなんです。
posted by のぶ | 2007/05/09 9:33 PM
TRACKBACK
TRACKBACK URL: http://roji-kaze.jugem.jp/trackback/166
<< NEW | TOP | OLD>>