風が越えるまち、路地を抜ける風。

壊されてしまう前に。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TB | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS

follow limimi at http://twitter.com
developed by korelab
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
鈴木俊平の足あと
大きな戦争が終わり、ほっとしたその後この地を襲った大火。
災難にも焼けてしまったまちの『復興』。
時は高度経済成長期。
公共の施設は、次々と近代的なビルに建て替えられていった…。

飯田市に鉄筋コンクリートの建物を普及させた建築家、鈴木俊平(1913〜1977)。
その鈴木俊平氏設計による建築物を、原朋教さん(飯田市上郷出身、北海道大学大学院博士課程在籍)の案内で巡るゼミの町歩き企画に参加する。
聞いてみると、子どもの頃から見慣れたコンクリートの建物は、あれもこれも鈴木設計だという。
生活がどんどん洋風に変わっていく過程でうまれたモダンな建物たち。
すべて『いい時代』の名残り。

三方に伸びる星型の合同庁舎(県地方事務所)。





商業の拠点となってきた商工会館。





千劇ビル。
飯田市中央公民館。
アストロボウル。
善勝寺、専照寺。
…。

回れなかったけれど飯田信用金庫西支店、飯田酒販ビル、オークラボウルなども。

飯田の昭和30・40年代を、鈴木俊平という一人の建築家をキーワードに振り返ることができた。
今後、これらの建物は順に壊されていくことになるだろう。
その前に見ておくことができた。

ことに商工会館の中は、予想以上に雰囲気の残る場所であったことを報告したくて。


屋上にはレストランと展望台があったそうだ。



古いデパートの屋上はこんな感じだった?


会議室。



入口のとびらはまるで古い映画館のよう。

中に入ると、低い天井にシャンデリア。
そしてこの舞台。



ここで人形劇やったらいいのに。

各事務所の扉が並ぶ廊下。

  

探偵物語の松田優作が、成瀬巳喜男監督の映画が、透けて見えそうな気がして。

是非、一般の市民の方にも参加してほしかったな、と。
残念ですが私たちゼミ関係者だけの見学会となりました。
お休みのところ、わざわざ鍵を開けてくださった関係者の方に感謝いたします。





more >>
20:52 | 歴史的建造物 | comments(1) | trackbacks(0)
知久家のお茶室
阿島のあたりは知久家の領地でした。
今も残っているのはこのお茶室。


きれいに残っているのは手が入っているからでしょうか?


more >>
23:36 | 歴史的建造物 | comments(2) | trackbacks(0)
梅雨があけちゃった
とうとう梅雨明け宣言が出ましたね。
梅雨の間に「水の話題」としてあげようと思っていたら、季節は六月を過ぎ七月もきのうで終わってました。
きょうから八月。
蝉の声もこころなしか激しくなっているような…。

というわけで、浄水場の写真です。


砂払の西中の隣。
塀がぐるりと取り囲んでいて近くまで行くことは出来ませんが、建物が古いのだけはなんとなくわかる。
どこかに隙間はないものかと周辺を一周してみましたが、さすがに子どもたちには危険な施設、そう簡単に入り込めるものでもなく…。
遠目から。
 

東京でも水の施設はレンガ造りの古いものがいくつか残っていて見にいったことがある。
給水塔とか好きです。
でっかくて。

ここがきっかけで近辺の浄水場をいくつか回った酔狂な人は私です。
貯水槽の水を見てると不思議と落ち着いた気分になるんですけど…。
そんなことってないですか?

飯田の水はおいしい、と思う。
水道水ですら。
その水がどこからきてるのか?
一度、水道局で聞いてみるつもり。

more >>
19:18 | 歴史的建造物 | comments(6) | trackbacks(0)
昭和40年代の思い出
きのうの銭湯の続きですが。
子どもの頃、近所に「お風呂やさん」が3件もありました。
惣掘の跡の角に一件、二本松に一件、仲ノ町に一件。
一件はマンションに、一件は給食センターに変わってしまい、営業は辞めてしまったのですが、まだその姿を残している建物が一軒だけ。
それがこの江戸町の建物。


去年撮った写真を引っ張り出してきました。
今でもあるんですけどね。
県営住宅があって、子どもの数も多かった。
お風呂やさんでのコミュニケーションも大事な要素でした。
当時、自宅に薪焚きの五右衛門風呂があった私は、ちょっとうらやましい気分になったものです。
(薪焚きのお風呂の名残はあちこちで見かけますよね。)
結局一回も行ったことはなかったんですけど…。
あの頃、このあたりには借家も多くて、どの家もまだお風呂がついてなかった。
二本松の遊郭の建物の中は、細かく区切られて何世帯かの住人がいたし。
あれも一種の集合住宅だったな。
昭和40年代の話です。

団地やお風呂屋さんや八百屋さんやお肉屋さんやお菓子やさん。
行っちゃいけないって言われてたけど、馬場町には駄菓子屋さんもあった。
(覚えている方、いらっしゃいませんか?)
なんだか平和な昭和のアイテムだな、と。
いまだにその頃の風景にこだわってしまうのは、幼い記憶に刷り込みされているからなのかなあ。

少しでもそんな匂いがするものを求めてしまう気持ちは、今でも続いています。
17:29 | 歴史的建造物 | comments(13) | trackbacks(0)
銭湯
「銭湯」
もうほとんど見かけなくなってしまった。
白山通りにある「白山湯」
東向きなものだから午前中に行かないと上手く撮れない。
といわけで、ようやく決意。
今朝行ってきました。


裏手から回ってぐるり、いろんな向きから。
煙突も忘れずに。
裏側には薪が積まれて、釜爺がいそうなたたずまい。
赤い屋根も目印。

こんな風にしてみました。


映画みたいでしょ?

more >>
16:17 | 歴史的建造物 | comments(8) | trackbacks(0)
養蚕小屋
歴研の金沢さんから聞いた話。
飯田・下伊那の本棟造りと養蚕農家(今回は座光寺地区)がテーマでした。
早速、アンテナは養蚕小屋を探すために稼動中。
そこで見つけたのがこちら。


上郷にありました。
座光寺のものは、かなりでかいらしいんですがこれはどうなんだろう?
比較していないのでよくわかりません。
そのうちに行って見てこようと考えています。

養蚕小屋だとわかる証拠はこれ。


「コクソ(蚕糞)落とし」というそうです。
二階建ての蚕小屋の、二階部分から蚕の糞を掃き落とす部分。

more >>
23:07 | 歴史的建造物 | comments(0) | trackbacks(0)
石垣の上の洋館
先日の歴研、金沢さんの話のなかに出てきた建物を見に行く。
古い病院だったという洋館。
またこれもヒントだけで、はっきりした位置がわかっていたわけではない。
それでも探してたどり着きましたよ。

細長い坂道を、これでもか!というくらい登って行くと、どどーんと現れた石垣。
ここってもとはなに?
お城だったのかしら?

さて、エントランス。


もうすでに感嘆の声のもれる私。

近づいてその姿を確認。


保存されることが決まっているという話。
補修が入っているのでしょう。
移動式のトイレが前に置いてあったので、正面からの写真は省きました。


more >>
19:32 | 歴史的建造物 | comments(2) | trackbacks(0)
旧山本中学校
この春、山田洋次監督が「母べぇ」の撮影に来た。
吉永小百合さんが訪れた撮影現場になった場所がここ。


この学校、いつ閉校になったの?
私が飯田を離れている間にいろんな変化があって、そのうちのひとつだな。
高校の同級生にはまだこの学校の卒業生がいたのにな。


かっこいい…。

壊されそうにはないけれど。
管理は教育委員会がしてるようだったので。



more >>
15:53 | 歴史的建造物 | comments(2) | trackbacks(0)
知らなかった場所
馬場町の片隅にこんな小さな神社があったなんて…。


転がり落ちそうな急な階段。
恐々降りてみた。
20:30 | 歴史的建造物 | comments(0) | trackbacks(0)
時又の橋
この橋も架け替えなんですよね…。

15:46 | 歴史的建造物 | comments(0) | trackbacks(0)