風が越えるまち、路地を抜ける風。

壊されてしまう前に。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TB | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS

follow limimi at http://twitter.com
developed by korelab
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
最終便
三年越しの思いがかなって「駒つなぎの桜」が咲いている姿に会えました。
昨年、一昨年とフラレ続けて、この老桜とはよほど縁が無いのか…
とあきらめてはいたのですが、ようやく。
今年は例年よりもさらにお客さんが増えたためか、車両制限がされて
どのお客さんもみんな1キロ弱の坂道を歩いて上らなければならなく
なりました。
根元にも近づくことはできません。
暑かったこの日は、みなさんふうふう言いながらこの場所にたどり着く
といった風体。



愛知方面からこられた方の口からは
「な〜んだ、こんなものか」
というような言葉も聞こえましたが…。
残念なことです。
わたしにとっては、咲いているこの桜の様子が見られるだけでも
ありがたいことなのに。
(この写真に写っている方たちの言葉ではありませんので、
くれぐれも。)



そして今週の黒船桜。
花桃にかこまれてまた違う顔を見せてくれました。





駒つなぎと黒船を見終えたので、今年の桜はこの辺で最終。
いつもの年ならこれから八重桜を追うのですが、気温の高い今年は
天竜峡の桜街道の八重桜たちも、昨日の写真をご覧いただいた通り
すでに咲き揃ってしまいましたので、これから一気に夏へ向けて季節
は加速していくことになるでしょう。
来週あたり、山々は新緑に深く包まれていることとと予想されます。
それはまたそれで。

もう山の中を走り回っても、夕暮れの時間に急かされることもなくなります。
むしろ夕方の光も楽しめる季節。
また何か探して出かけてみることにしましょ。



09:41 | | comments(0) | trackbacks(0)
競艶
本日の桜たち。

奥州里桜 兼六園菊桜
鬱金 天の川
関山 永源寺
紅華 普堅象
more >>
20:32 | | comments(0) | trackbacks(0)
半そで解禁
こう暑くては桜もたまりません。
今年は咲くのはゆっくりでしたが、 散るのはあっという間。
寂しいような…。

展望台の上からみる下條、鎮西家の桜。
もう最後のかろうじて桜色。



真ん中の青い屋根の家。
午後は遠景がかすんでしまいます。




more >>
23:06 | | comments(0) | trackbacks(0)
商売上手
本日の笹見平。



今年はここも早かった。
もう散り気味。
何年か越しに念願かなって、青空で撮影できました。
この桜、個人所有のものなんですが、ここのおばさまが商売上手で…。
去年は野菜を買いまして、
今年はジュースを買って帰ってきました。
年々お綺麗になられるおばさまでした。

募金箱があります。
みなさま、小銭をお忘れなく。


なんだかいろんな花が一斉に咲き出していて賑やかです。
花桃
やまぶき
みつばつつじ


etc

桜に負けず、桃のピンクもみごとです。





21:29 | | comments(0) | trackbacks(0)
夜景
大きな月が出ていました。
これは…あそこの桜、去年ライトアップが撮れなかったあの桜、
あれに合わせて見たい!

ということで、急いで向かいましたがちょっと時間が遅かった。
もう少し明るい時間でないとよくわからない。
控えめな灯りに照らし出された大きな桜。
ひとりじめしてきました。





桜の向く方向には、対岸の夜景がきれいでした。


22:24 | | comments(0) | trackbacks(1)
新名所
天竜川の向こう岸に桜色のかたまりが見えます。
「なんだろう?」
と思っていたのですが、本日確かめに行ってきました。

『北原城址公園』

毎年行われるサイクルレースで天竜川沿いに走る道筋。
セメントのプラントのあるあたりの上部に流れるようにたくさんの桜の木。



下久堅虎岩の地元の有志の方々が昨年から整備しています。
道を奥へ入って行くと、竹やぶの先で視界が開けます。
茶屋が設けられていて、小町のみなさんのお茶のサービスがあります。
演歌のテープがスピーカーから流れて、時代が30年ほど逆もどりした
ような雰囲気です。



お話をうかがうと、この桜はかつてひとりのおじいさんがこつこつと
桜を植えて公園にしたものだそうです。
天竜川から手桶で水をくみ、斜面を運ぶ。
大酒呑みだったその方が、お酒を止めるのと同時に始めた大事業。
残念ながら、そのおじいさんもその奥様も娘さんも亡くなってしまい
整備をする人が絶えて、何年も放置されたままだったそう。
それを地元の方たちが改めて桜の名所として復活させた。
そんなお話でした。
もっとたくさんの方々に見てほしい。
そんな気持ちになりました。

だって、
すごいいい景色なんですよ!

more >>
22:05 | | comments(0) | trackbacks(0)
桜並木
満開。
実際に見ないとこの場所はうまく伝わらないかもしれない。
もう散り始め。
花びらがはらはら落ちる時がいいような気もします。

 
more >>
21:56 | | comments(0) | trackbacks(0)
駆け足でいきますよ
愛宕神社から丘の上を望む



増泉寺
今年もたくさんのお客さん。
午後3時台で一時間に60人ほどだったらしい。



夕方のおたちふ
もう終わりに近い。


more >>
21:41 | | comments(0) | trackbacks(0)
夕暮れからライトアップまでの時間
本日の大雄寺(満開)

 


本日の専照寺(満開)

 
more >>
21:48 | | comments(0) | trackbacks(0)
ジオラマ
大好きな場所。



桜の木と、たばこの乾燥蔵の配置がなんとも。
こうして引いて見るとまたその小ささがたまらない。
いいなぁ。
今年はまた訪れる人が増えてきていて、うれしいような…かなしいような…。


午後の日差しの脚は早い。

ここも近くだと全部入らないので引いてみた。


21:52 | | comments(0) | trackbacks(0)