風が越えるまち、路地を抜ける風。

壊されてしまう前に。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TB | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS

follow limimi at http://twitter.com
developed by korelab
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
鈴木俊平の足あと
大きな戦争が終わり、ほっとしたその後この地を襲った大火。
災難にも焼けてしまったまちの『復興』。
時は高度経済成長期。
公共の施設は、次々と近代的なビルに建て替えられていった…。

飯田市に鉄筋コンクリートの建物を普及させた建築家、鈴木俊平(1913〜1977)。
その鈴木俊平氏設計による建築物を、原朋教さん(飯田市上郷出身、北海道大学大学院博士課程在籍)の案内で巡るゼミの町歩き企画に参加する。
聞いてみると、子どもの頃から見慣れたコンクリートの建物は、あれもこれも鈴木設計だという。
生活がどんどん洋風に変わっていく過程でうまれたモダンな建物たち。
すべて『いい時代』の名残り。

三方に伸びる星型の合同庁舎(県地方事務所)。





商業の拠点となってきた商工会館。





千劇ビル。
飯田市中央公民館。
アストロボウル。
善勝寺、専照寺。
…。

回れなかったけれど飯田信用金庫西支店、飯田酒販ビル、オークラボウルなども。

飯田の昭和30・40年代を、鈴木俊平という一人の建築家をキーワードに振り返ることができた。
今後、これらの建物は順に壊されていくことになるだろう。
その前に見ておくことができた。

ことに商工会館の中は、予想以上に雰囲気の残る場所であったことを報告したくて。


屋上にはレストランと展望台があったそうだ。



古いデパートの屋上はこんな感じだった?


会議室。



入口のとびらはまるで古い映画館のよう。

中に入ると、低い天井にシャンデリア。
そしてこの舞台。



ここで人形劇やったらいいのに。

各事務所の扉が並ぶ廊下。

  

探偵物語の松田優作が、成瀬巳喜男監督の映画が、透けて見えそうな気がして。

是非、一般の市民の方にも参加してほしかったな、と。
残念ですが私たちゼミ関係者だけの見学会となりました。
お休みのところ、わざわざ鍵を開けてくださった関係者の方に感謝いたします。





more >>
20:52 | 歴史的建造物 | comments(1) | trackbacks(0)
久米路橋はどこにあったのか?
 本日は、少し自由時間をもらって、建築史ゼミのフィールドワークに参加。
「久米路橋はどこにあったのか?」
を、検証に行った。

松川に掛かる久米路橋。
現在は頑丈なコンクリートの新しい橋になっているが、
その橋を少し上流に移動した場所に、以前の橋のかけらが残っている。

久米寺橋

昭和12年に架け替えられたものの名残りである。
とすると、橋は以前この場所にあったのか?

ではこの久米路橋を渡って続いていた三州街道(久米街道)はどこを通っていたのか?

ここにライトが

向こうに新しい久米路橋が見える。
ここに当時はランプが灯っていたのだろう。

2時間ほどのフィールドワーク。
箕瀬から羽場坂を通り、松川沿いに鼎橋まで下り、愛宕坂を上って帰ってくるコース。

結局結論は出ませんでしたが…。
今後の課題として。



久しぶりに歩いたので少し疲れました。
今夜はよく眠れるはず…

猫たちがおりこうでいれば、ですけれど。




久米路橋の謎。
言い出しっぺはこの方





18:02 | 飯田線沿線 | comments(0) | trackbacks(0)